単身引越しは料金を比較して選ぼう

現在、単身者の引越しでは、破格の料金設定が数多く見受けられます。荷物の量がわずかで、作業員が1人で済む場合は、1万円台前半で済むプランも見られます。引越し会社に依頼すると、ある程度まとまった金額が必要になるというイメージも覆りそうな低料金です。どこでもこうしたプランを用意しているわけではないので、インターネットを利用し、各社が公表している単身者用の値段を比較検討することが大事です。一人暮らしでも荷物が多い場合はそれなりの金額となります。ただ、公表されている金額よりも、日時や運搬方法によっては、更に値引きが可能な場合もあります。最終的な値段は、訪問見積もりでわかるものです。訪問見積もりを受ける業者を、インターネットの比較サイトなどを利用して、的確に数社選び出しましょう。

荷物がごくわずかであれば破格の値段も

荷物がわずかである単身者の引越し料金は、非常に安くなっています。ただ、破格の値段で利用できるのは、寮からの引越しのように、大きな家財がない場合です。その場合は作業員が1名で済み、混載便を利用することもあるため、格安料金が可能となります。近距離であれば、1万円台前半で済むこともあります。会社によって、値段は大きく違いますので、お得に引越すためには、インターネットを利用し、価格比較をおこなうことが大事です。各社がインターネットで公表している値段よりも、時に安くできる場合もあります。ちょうど空いているトラックが利用できる場合などです。それは個別に会社の担当者と交渉してわかることですので、訪問見積もり時や電話でのやり取りの際に、値段最優先であることを伝えると効果的です。

それなりに荷物が多い場合でも割引きが

単身者でも、荷物が多いケースは珍しくありません。大型家具があり、段ボール箱の数も多ければ、作業員は2名以上必要となり、1万円台というのはかなり難しくなります。会社によっては、搬出当日に荷物の積み残しを防ぐことを最優先にし、大き目のトラックを用意する方針のところもあります。良心的な対応ですが、値段はそれなりに高くなるのが通例です。荷物が多くても、引越す日時を会社側に一任し、会社側から指定された日時に引越すことができれば、相当値下げされる可能性があります。その場合のぎりぎりの値段は、インターネットでは出せないことが多く、訪問見積もりの結果、提示されるのが通例です。荷造りや諸々の手続きで多忙な中ですから、訪問見積もりを受けるのは、数社が限界でしょう。その見積もり額を比較して決めることで、費用を抑えやすくなります。