単身引越しの料金体系を知っておこう

単身引越しの料金は、業者によってそれほど変わらないと考えている人も多いようです。しかし、実は業者によって2倍以上も料金が変わってくることがあります。1つの大きなポイントは、トラックの台数とサイズです。荷物が少ない場合には、トラックが1台で十分でしょう。しかし、業者によっては荷物が少ないのに、大きなサイズのトラックを使用するということもあります。なるべくコストを抑えたいなら、小さなサイズのトラックか、軽トラックを使ってくれる業者を選びましょう。大手の業者では、軽トラックを使ってくれるということはほとんどありませんので、中小業者を選ぶことになるでしょう。地域密着型の小さな業者などでは、相談をすることで1万円くらいの格安の価格で荷物を運んでくれることもあります。

スタッフの人数によって大きな差が出る

単身引越しでは、荷物が少ないので、荷物は自分1人でも運べるということもあるかもしれません。あるいは、2人で運べるのなら、自分も手伝うことで、作業員をドライバー1人ですませられることもあります。しかし、大手の業者などでは、基本的にはスタッフが最低でも2人はかならずつきます。自分も荷物運びを手伝うと言っても、スタッフの人数が減らせないこともあります。大手のスタッフは有能であり、テキパキと作業をしてくれることが期待できますが、その分素人が手伝う余地がないという弱点もあるのかもしれません。中小規模の業者なら、作業員をドライバー1人にして、大きな家具や、冷蔵庫などの電化製品については依頼者も荷物運びを手伝うことで、格安の料金が実現することもあります。若い男性の人などは、こういった交渉がしやすいでしょう。

最終的には見積もり時の交渉がカギを握る?

引越しの料金には相場というものがありますが、決まりはありません。両者の同意があれば、基本的にはどのような価格でも契約が成立します。最終的には、見積もり時の交渉がカギを握ることになります。価格を最低まで下げようと思ったら、作業員をドライバー1人にしてくれて、軽トラックを使ってくれるような中小規模の業者を選択する必要があります。しかし、単身でも1万円程度の格安の価格にする場合、本当に荷物を運んでくれるだけであり、サービス内容についてはあまり期待をしないほうが良いでしょう。パソコンなどのデータについては、基本的に保障はしてくれないので、自分でしっかりと梱包をするか、壊れては困るものについては自分の車で運ぶのが良いでしょう。サービス内容を重視するならば、やはり大手がおすすめです。